ダンボール箱で上手な収納を

ダンボール箱は通販などで使用されることが多く、無料で手に入ります。上手に活用すれば、収納スペースとして活用することも可能です。

ダンボール箱が最近こちらで話題になりました。

ダンボール箱の表面に布や包装紙を貼り付けたり、カッターなどで手頃な大きさに加工すれば、見た目も良く上手く活用出来ます。この加工のしやすさがダンボール箱の強みです。
インターネットにはダンボールを利用したストッカーや物入れを販売しているサイトがあります。


手頃な価格で組立がしやすいという面では、ありがたい商品と言えるでしょう。
近年は箱そのものにカラー加工を施し、おしゃれに仕上げたアイテムも存在します。


そのまま箱として活用出来るので、持ち運びにも困りません。


ただしダンボール箱を利用した収納には、デメリットもあることを覚えておきましょう。



ダンボール箱の構造は、保温性と吸湿性に優れています。
この内部は虫やカビにとっては非常に都合の良い場所です。放置しておくと内部からカビが生えたり、虫が発生する原因となります。

重ねることで多くのアイテムを収納することが出来るダンボールですが、耐荷重のことも考慮しなければなりません。

一定以上の重さの負荷を与えると、箱が崩れてしまいます。



収納できれいに整えようとした部屋が、散らかってしまうということにもなりかねません。


それぞれの場所に適した素材の収納スペースを作り、使用することが大切なのです。

自宅に余っている箱があれば、まずはトライしてみませんか。