インサイドセールスで陥りやすい失敗

インサイドセールスは顧客を訪問することなく電話やメールなどで効率的にセールス活動を行うことができる方法であり、近年では多くの企業で利用されています。特に最近では多くの企業がお客様相談窓口を設置しており、これに顧客が様々な商品やサービスに関する相談をすることも少なくありません。企業にとっては貴重なビジネスチャンスであり、この顧客からのアクセスを利用して効率的なセールス活動を行おうとするケースも多くなっています。しかしこの場合に注意をしなければならないのは、顧客の目的がその商品の説明や提案を受けることではないと言うことを忘れてしまうことです。

そのため一方的に商品の説明を始めたり、また詳細な解説をすることで悪い印象を与え、これは商品だけではなく企業全体のイメージを悪化させてしまうことにつながる恐れもあるので、十分に注意をしなければなりません。インサイドセールスで陥りやすい失敗の多くは、自らが効率よく仕事をすることにとらわれてしまうことです。企業側にとっては移動時間や様々な準備をする必要がなく、また顧客からアクセスをしてもらえるので非常に効率の良いものと思われることが多いのですが、顧客の側にとっては予期せぬ無駄な時間となってしまうことも多いものです。インサイドセールスを行う場合にはこの状況を十分に認識し、顧客の反応を見ながら適切な対応を行うことが必要となります。

あくまでも、インサイドセールスは顧客の迷惑となる可能性があることを意識して行うことが大切です。インサイドセールスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です