インサイドセールスを行う場合の注意点とは

インサイドセールスとは電話やメールなど非対面の方法で行われる新たな営業手法です。この手法を導入して継続的な情報提供を行えば、徐々に顧客の成約意欲を高めることができます。インサイドセールスはあくまで顧客の成約意欲を高めることを目的としており、契約を直接的に成立させることを目的とはしていません。この活動だけで契約を成立させることができるわけではないので注意する必要があります。

インサイドセールスは内勤型の営業手法に分類されており、従来広く行われてきた外勤型の手法と連携して大きな効果を発揮します。テレアポや飛び込み営業のような外勤型の手法を支援して、契約を成立させやすくするのがこの手法の役割です。テレアポでアポイントメントを獲得し商談まで辿り着くには、何百件も電話をしなければなりません。アポイントメントを獲得できた顧客は自社の商品やサービスに興味を抱いているため話がしやすいものの、契約が必ず成立するわけではないので注意が必要です。

案件を受注するために何度も粘り強く交渉しなければならないのは、飛び込み営業を行う場合と変わりありません。テレアポでアポイントメントを獲得した場合と飛び込み営業を行う場合を比較すると、前者の方が多少契約成立の難易度が低くなります。外勤型の手法だけで営業スタッフが契約を成立させるには、膨大な手間と時間が必要になるのが通常です。インサイドセールスによって継続的な情報提供を行い、徐々に成約意欲を高めた段階で営業スタッフに引き継げば無理なく案件を受注できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です