幅広い分野で脚光を浴びているインサイドセールス

内勤営業とも呼ばれているインサイドセールスの担当者は電話やオンライン会議システム、メールなど様々なツールを使って顧客と関わっています。アメリカで広まり、最近は日本の企業でも多くの需要があります。オフィスで仕事をするインサイドセールスは、訪問営業よりも自由なスタイルで働けます。働き方改革が進む中で、中小企業から大企業までインサイドセールスを取り入れている企業が増えています。

見込み客の開拓から成約後のフォローアップまで、営業担当者は様々な仕事を担っています。電話やメールなど様々なコミュニケーションツールを使って、潜在顧客や見込み客を獲得します。インサイドセールスを営業プロセスの一部に取り入れると、様々なメリットを得られます。営業担当者が内勤と外回りに分かれて行動すれば、効率的な営業活動を行えます。

企業が提供している商品やサービスに興味を持っている顧客は、リピーターになりやすいです。営業活動は検討する時間が増えるほど、必要になるコストが増大します。社内からコミュニケーションツールを使って顧客に働きかけるインサイドセールスなら、遠方にいる相手にも丁寧に対応できます。顧客管理システムと一緒に営業活動に取り入れれば、効率的なマーケティング活動に繋がります。

外回りの営業担当者が顧客を訪問する頻度が減るため、人件費のコストも削減できます。新規顧客の開拓方法は企業によって異なり、担当者が商品のメリットを紹介して購入に繋げる手法は営業クローズ特化型と呼ばれています。インサイドセールスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です