インサイドセールスを極める

営業活動とは他社に足を運んで行うものというイメージがありますが、社内から行う事も可能です。やり方はいくつかありますが、メールを送ったり電話をしたり、ダイレクトメールを送るという方法もあるでしょう。ただ、営業マンが会話で相手を口説くやり方の場合は行くか行かないかに別れ、行かない場合のやり方をインサイドセールスと言います。電話でのセールスもインサイドセールスの一部に含まれそうですが、こちらはどちらかと言うとコールセンター業務になってしまうので、切り分けて考えた方がいいでしょう。

部署に所属している営業担当が、行くのではなくビデオ通話で相手の会社の人と話す形がインサイドセールスの基本となります。もちろんアポイントメントはしっかり取らなければ応じてもらえないので、その部分も含めての業務です。パソコンやタブレットで簡単にビデオ通話が出来る様になり、コロナ禍の対面を避ける形になってさらにインサイドセールスは広まりました。誠意や熱意を伝えるなら会った方が良いのは間違いありませんが、会わない方が良い理由がこれだけ明確になっていれば理由になります。

そして足を運ばなくていいというのは企業にとって大きなメリットがあり、交通費が掛からない、移動がないためにすぐ次の会社へアクセス出来る、というものです。考えて見れば当たり前ですが人件費的にも交通費的にもメリットしかなく、その営業手法を身に着けた担当さえいれば、今後もこの形になっていくのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です