インサイドセールスのご紹介

インサイドセールスとは、見込み顧客に対して非対面で行う営業活動を指します。新型コロナの影響により、企業が営業訪問を禁止することが多くなったため、従来型のフィールドセールスが顧客接点を失ってしまったことから積極的な導入が進むようになりました。インサイドセールスの最大の特徴は営業効率の高さにあります。見込み顧客に対して、メールや電話、Web会議システムなどを利用しながら非対面で営業活動を行っていきます。

そのため、フィールドセールスが客先訪問のために移動することが当たり前なことに対し、インサイドセールスは内勤営業のため、移動時間を商談に充てることができるのです。インサイドセールスの主な役割は、見込み顧客の創出、育成です。顧客が望みそうな情報提供を行いながら接点を増やしていき、信頼を獲得していきます。そこから案件化できた場合、醸成をしていきます。

具体的な商談までたどり着くことができれば、そこから先はフィールドセールスに案件を引き継ぎ、具体的な提案やクロージングを依頼します。詳細な議論については、顧客と対面で商談を進めた方が認識違いのリスクを軽減させることができるためです。このように営業の役割を分担することで組織全体の営業効率を高めることができるのです。インサイドセールスは在宅勤務者や時短勤務者でも業務をこなしやすいことから、アフターコロナにおいても導入する企業が増えていくと見込まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です