ビデオ通話を用いたインサイドセールス

コロナ禍が長く続き、直接相手の会社に行って活動出来ない事でインサイドセールスを活用する企業が増えて来ました。インサイドセールスとは社内にいながら営業活動をする事です。手段を問わないタイプのものなら、以前から電話やメールで行われていました。しかしビデオ通話を前提にしたものだと、どんな会社でも環境があるわけではないという理由と、なかなか飛び込み営業とビデオ通話をする人はいないという理由で避けられていたのです。

ここでコロナ禍のテレワーク需要で、多くの会社が出来る様になったことでインサイドセールスの伸びにも繋がってきています。ネットのサービスでも、ネットが繋がっているパソコン同士なら暗証番号を交換してインスタントな通話をするというものがあり、それを使うなら簡単に会話が出来るようになっています。会社にはネットに繋がったパソコンは普通あるので、やり方を知っていればどこでも出来ると言っても過言ではありません。このインサイドセールスは、効率良く営業が出来ると言う利点によりさらに注目されています。

当たり前の話ですが実際に赴かないという事は移動時間がないわけで、次から次へとアクセスして行けるのです。それにあわせて交通費も掛からないため、今後も長く営業活動が必要な企業にとって、インサイドセールスを自然に続けて行ける環境というのはありがたいのではないでしょうか。ただし、この流れがどのくらい続くのかは定かではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です