インサイドセールスには様々なメリットがあります

企業が案件を受注するためには、まず時間をかけて顧客と信頼関係を築く必要があります。スタッフが面識のない企業のオフィスや店舗を急に訪問しても、最初は商談すらできずに断られるのが通常です。何度も訪問を続けているうちに顔と名前を覚えてもらい、タイミングが合えば商談に乗ってもらうことができます。営業活動によって案件受注まで辿り着くには長い時間と手間が必要になります。

スタッフは成約する可能性が高い顧客から順番に訪問して営業活動を行うのが一般的な方法です。これまで広く行われてきた営業手法は時間と手間がかかるだけでなく、成約する可能性が低い顧客のニーズを取りこぼすというデメリットがありました。全ての顧客と効率的に信頼関係を築き、様々なニーズを確実に拾い上げるために役立つ新たな営業手法がインサイドセールスです。インサイドセールス電話やメールなど非対面の方法で継続的な情報発信を行う点に特徴があります。

従来の方法のように実際にスタッフが顧客を訪問しないので、限られた時間を使いより多くの顧客に商品やサービスをアピールできます。ただしインサイドセールスで行われるのは軽いアピールであり、すぐに契約を成立させることを目的とはしていません。軽いコミュニケーションを取り続けて、徐々に顧客との信頼関係を深めるのがインサイドセールスの主な目的です。この手法を導入すればスタッフが何度も訪問しなくても顧客と信頼関係を築くことができます。

スタッフの負担が軽くなり生産性が向上するだけでなく、無理をしなくても多くの顧客から効率的に案件を受注し売上を増加させることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です