インサイドセールスは優れた営業手法です

スタッフに無理をさせることなく、効率的に案件を受注するために役立っている営業手法がインサイドセールスです。案件を受注するために顧客と信頼関係を築く必要がありますが、従来の方法では膨大な時間と手間がかかってしまいます。これまではスタッフが顧客のオフィスや店舗を訪問する外勤型の手法が主流でした。現在でも最終的に取引を成立させるにはスタッフが直接的に顧客のオフィスなどを訪れ、対面で商談を行う点では変わりません。

しかしインサイドセールスが行われるようになり、取引が成立するまでの過程が大きく変化しました。全く面識のない企業を訪問して商談を成立させるためには、最初に担当者の顔と名前を覚えてもらうところから始めなければなりません。パンフレットなどを持参して急に訪問しても、話すら聞いてもらえず断られるのが通常です。何度も繰り返し訪問しているうちに顔と名前を認識してもらい、徐々に信頼関係を築いて商談まで辿り着くことができます。

案件を受注するまでは膨大な時間と手間がかかるだけでなく、何度も断られるのでスタッフの精神的な負担が大きくなります。スタッフは精神的にも肉体的にも苦しい状態に耐え続け、やっと案件を受注することができます。インサイドセールスは電話やメールなど非対面の方法で行われるため、実際に訪問する必要がありません。商談の成立が目的ではないので、より多くの顧客に対して気軽に情報発信を行うことができます。

インサイドセールスを導入した場合、スタッフが無理をすることなく面識がない顧客とも徐々に信頼関係を築けます。顧客の成約意欲が高まった状態で訪問による商談を行えば、高い確率で案件を受注できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です