営業支援システムによるノウハウの標準化

営業部門の成績を1人の社員が大きく押し上げている場合、その社員の進退次第で会社の売上が変わってしまう可能性があります。営業活動は社員の能力に頼る面があり、これまでノウハウの共有は難しいものとされていました。優秀な社員が継続して在籍している場合は問題ありませんが、退職や転職などが発生すると貴重なノウハウは消えてしまいます。営業支援システムはこれまで社員ごとに保持していたノウハウを部署や社内で共有し、標準化することができます。

標準化により多くの社員が優秀な社員と同様のスキルを発揮できるようになり、結果的に全体の成約率を上げることもできるでしょう。社員の退職によって消えてしまっていたスキルを営業支援システムにデータとして残すことで、将来的には新人教育のための貴重な参照元として利用することも可能です。商談を成功させるためには様々な交渉を行い、商品の紹介や資料の提示なども必要です。どのような経過を辿って成約に至ったのかを詳細に入力しておけば、部署内の分け合うことができます。

営業支援システムによって蓄積されたデータを利用すれば、教育コストの削減にも役立ちます。実査に先輩社員が体験し、交渉の中から導き出した方法を実践することにより、経験の少ない新人であっても成約へと至ることができるでしょう。営業支援システムはナレッジとしての利用も可能であり、社員全体の営業スキルを向上させるために役立ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です