営業活動を可視化する営業支援ツール

営業支援ツールの導入は、営業活動の可視化に役立ちます。これまでの営業活動は社員1人1人の行動に頼るところが多く、他のメンバーへの説明が難しいものも多々ありました。会社を離れて取引先の担当者と商談を行う営業担当社員がどのような行動をしているのか、どれぐらいの頻度で外回りをしてどんな商材を扱っているのかなどをアナログ方式で数値化するのは困難でしょう。営業活動はコミュニケーション能力によるところも大きく、営業活動を行っている社員自身も把握していないことがあります。

しかし営業支援ツールを導入することで、営業担当社員の行動を把握し、プロセスを可視化することができるようになりました。現在扱っている案件や進行中の商談、成約率や外回りの回数などが営業支援ツールに表示されるため、上席や他のメンバーも一目で把握することができます。営業活動の可視化によってブラックボックスとして扱われてきた営業活動はオープンになり、より正確な評価が行えるようになるのもメリットでしょう。営業支援ツールでは顧客情報や商談もリアルタイムで共有可能となり、サポートやフォローも正確に行えるようになります。

売上予測やマーケティング、フィードバックにも活用することも可能です。フィードバックによって営業担当社員のスキルをさらに上昇させることができます。可視化は営業担当社員のモチベーションをアップし、成績や成約率を上げるためにも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です