CRMとはとは?休眠顧客へのアプローチ

CRMとは、顧客情報の管理および商談履歴などを登録するためのシステムです。主に、十中後の顧客情報を管理して必要ときに情報を呼び出し分析を行うときに使います。従来、エクセルで管理していた情報や営業職のスタッフが個別に持っていた情報を集約して会社全体で共有化を図ることができるお客さんに対して効率よくアプローチができるようになったりサービス手依拠ができるなどのメリットへと繋げます。CRMとは、顧客との適切なコミュニケーションを継続できるシステム、このような役割もありますが円滑なコミュニケーションは顧客満足度を高められるので自社評価もアップする、長期的な収益向上を目指せるなどの色々なメリットがあります。

なお、CRMとは顧客情報を管理するためのツールでもあるわけですが、休眠顧客へのアプローチに対する重要性も理解ができるようになるシステムです。休眠顧客は一定期間のサービスや商品の利用がない、購買が一時的に停止状態になっているお客さんです。定期購入など販売形態がありますが、定期購入は継続して同じ商品を毎月決められたタイミングでお客さんに商品を提供するサービスで一時的に休止も可能になっています。CRMが持つ機能を使うことで、休眠顧客を絞り込みできる休止していた商品の利用や購買を促進させて顧客一人あたりの生涯価値を高める効果も期待できます。

その理由の中には、CRMは顧客の購買や利用にける行動パターンを分析して趣味や嗜好、そして興味などニーズに合うサービスや商品の提案ができるなどが挙げられます。CRMとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です