パイプライン管理の質を上げるCRMとは

営業活動の業務フローを改善しなければ、業績を伸ばすのが難しいと悩む企業は、CRMとは何なのかを調べてから今までと違う対策を始めてください。CRMとは顧客に関する情報を管理するためのツールなのですが、営業活動を支援するための機能も多く搭載されています。業務フローをパイプに見立てて改善するべき点を見つける、パイプライン管理という作業をサポートするのもCRMの役割です。問い合わせやヒアリングなどの業務フローを一覧として表示して、問題点があれば即座に担当者を派遣できるのがCRMを導入する利点で、現在動いている案件の数なども表示できます。

すぐに対処する必要がある案件が多すぎて、一部の担当者が苦労していることが分かればサポートのために別の担当者を派遣するといった、人員の動きを調整できるのもCRMの便利な点です。営業プロセスを一つずつ時系列で表示できるので、営業担当者の行動を一つずつ分析したい時にも役立ちます。生産性を上げるためにも情報分析は欠かせない作業なので、タイムラインが一目で分かりやすいようにCRMを利用してください。CRMとは生産性を上げるためだけでなく、営業活動のミスを防ぐことも目的に開発されたものです。

ヒアリングや訪問などのフェーズのどこが長引いているのか、タイムラインを調べることで営業担当者に送るべきアドバイスが見えてきます。改善点を可視化することが企業の成長には不可欠だと考えて、CRMを利用することを推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です