CRMとはお客様との関係をより一層緊密にすること

CRMとは英語でCustomerRelationManagementと書き、直訳すれば「お客様との関係を管理すること」となります。得意先の情報を営業担当者がどれだけ持っているかにもよりますが、データにより一元管理する点が特徴のひとつです。営業担当者が受け持つ得意先の売上が低迷・減少しているとすれば、そこには必ず何らかの原因があるはずです。担当者と得意先の関係が良好でなかったり、得意先の業績が芳しくないことも一因かもしれません。

自社が打てる対策としては、担当者の変更や、NO1のベテランを担当させ得意先の業績を伸ばす助言ができるとすれば最高です。CRMとはお客様との良好な関係を継続するために重要な役割を果たす「橋渡し」となるものです。CRMとは他にも多くの機能を有しています。得意先の財務内容や成長性・業界内の位置づけなどを管理し、当社との関係を築くうえでの重要度を算出します。

重要度が高ければ高いほど優良な顧客ということになり、相応のマンパワーをかけて良好な関係を構築し続ける必要があるのです。企業は従業員を雇用しその家族を養っています。企業が倒産してしまっては、多くの人が路頭に迷い不幸になります。企業の利益を追求し、極限まで利益を伸ばすためにCRMの果たす役割はとても重要です。

特に与信管理などの点では、未然に得意先の変調を察知し最善の対策を打つことが期待されます。CRMとは顧客との関係を管理することなのですが、自社が成長・発展するために欠かせないツールなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です